最近は、お家で飼われる人気があるペットの種類として名前が上がる定番となった爬虫類ですが様々な種類があり人気があるヒョウモントカゲモドキ(レオパードゲッコーとも呼ばれます)カメレオン、グリーンイグアナ、フトアゴヒゲトカゲ、ベルツノガエル、コーンスネイク、ホルスフィールドリクガメなど。トカゲ、ヘビ、カメなど多くの種類がいます。ペットの爬虫類が亡くなってからペット火葬・供養の流れをご案内します。

遺体の安置方法

保冷剤を体の大きさに応じて敷き詰めタオル等を引き、その上に寝かしてあげてください。特に夏の時期などは保冷剤が緩くなる前に交換し体を冷やしてあげてください。また大型のトカゲやヘビなどは特にお腹の部分を中心に全体を冷やしてあげてください。
爬虫類は亡くなってからの腐敗するスピードが哺乳類よりも速いので死亡確認後、辛いとは思いますがすぐに安置の準備をしてあげることがペットへの最初の供養となります。

ペット火葬の方法を選ぶ

1.施設にてペット火葬を行う

ペット霊園などに遺体を持ち込み火葬を行います。
メリット
火葬から納骨までをその場で出来ること
天候に左右されず火葬を行うことができる
デメリット
施設まで移動しなければならない
時間の制約がある場合が多い。夜間などは対応していないなど

2.訪問ペット火葬で自宅周辺にて火葬を行う

火葬炉を積んだ車で自宅まで出張を行い自宅周辺でペットの火葬を行います

メリット
自宅まで来てくれるので遺体を持って移動する必要がない
24時間対応している業者が多いため時間の制約がない場合が多い
デメリット
台風など天候があまりにも酷い時には火葬ができない
納骨に関して永代供養など個別の供養の場合は提携寺院があるのかなど確認しないといけない

3.行政の施設に持ち込む

メリット
費用が安く済む・1000円〜4000円程度で済む
デメリット
遺体を引き取ってもらうだけなので返骨はない
施設まで遺体を持って移動が必要
市などが行っているため時間の制約は厳しい

ペット霊園や訪問ペット火葬での火葬はお骨が残りますが行政の施設はお骨が残りません。しっかり考えて後で後悔がない様にしてください。

家族の一員との最後のお別れ

爬虫類を飼うには他の哺乳類のペットと比べて光、温度、湿度管理に注意が必要で愛好家の方とお話ししても大変とお聞きしますが手がかかる分可愛く家族の一員だとおっしゃられます。家族だからこそ一度しかない最後のお別れを大切にしてください。

訪問ペット火葬 名古屋天愛ペットセレモニーでの訪問火葬の特徴<h/3>
ペットではなく家族の一員とのお別れと考え人と同じように接し務める事を大切にしています。
また移動火葬車とはわからないよう会社の名前も入っていませんので周りが気になる方にも気軽にご用命いただけます。
煙や匂いなどもほとんど出ませんので周辺に対し配慮した火葬が行えます。
24時間365日対応しております。

*********************************************************************
訪問ペット火葬 名古屋天愛ペットセレモニー
住所 愛知県名古屋市西区笹塚町2-70-1002
電話番号 0120-993-916
対応地域 愛知県全域、岐阜県南部、三重県北部
名古屋のペット火葬・ペット葬儀は、名古屋天愛ペットセレモニーへ
*********************************************************************